スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人材の多様性

英米における組織の評価基準にダイバーシティ(多様性)という項目があることがよくあります。多様な人材を活用することにより、組織のパフォーマンスを向上させることができると考えられているからです。

日本でも最近は取締役として女性や外国人を登用することが話題になるようになってきました。しかし、重要ポストに女性が就いている組織はまだまだ多くないように思います。

一方で、イギリスの諜報機関である政府通信本部(Government Communications Headquarters)では、女性どころか、識字障害や発達障害を持つ障がい者を多数雇用しているそうです。そういう人々は通常の人が持っていない能力を持っていることがあるからだそうです。障がい者が多数混じっている組織の管理は楽ではないでしょう。しかし、常に実戦状態にあるとも言える諜報の分野において、組織パフォーマンスの向上を徹底して追求しようとすれば、そういう人材すら活用すべきだということなのでしょう。
ロンドンが発展しているのは、卓越した能力を持つ同性愛者に寛容な都市だからだという話を聞いたこともあります。

日本企業のROEが低すぎることが問題となり、改善策が模索されていますが、人材の多様性という観点も重要なのではないでしょうか。

スポンサーサイト

情勢がまったく読めないロッテの紛争

日韓を跨る巨大財閥ロッテグループの経営権を巡って経営者一族内部で紛争が起きています。
とりあえずの決着は日本法人である株式会社ロッテホールディングスの株主総会の場においてつくはずと言われていますが、一方で、グループ役員ですら、同社の株主構成を知らないようで、どのような情勢になっているのか外部からはまったく窺い知ることができません。
http://japan.hani.co.kr/arti/economy/21516.html

Amazon.co.jpにおけるBMWi3の販売

BMWのi3という車種をAmazon.co.jpで買えるようになったと報道されています。

ただ、気になったのは、報道において「独BMWは1日からアマゾンジャパン(東京・目黒)で
新車のインターネット販売を始める。」、「アマゾンジャパンのサイト」といった表現が用いられていることです。

ドメイン情報を調べてみるとAMAZON.CO.JPというドメインの組織名は、
Amazon, Inc.となっています。
また、BMWi3は「マーケットプレイス」で販売されるようですが、出品者が
出品サービス等の契約を締結する場合、その当事者となるのは、
米国シアトルに所在するAmazon Services International, Inc. となるように思われます。
さらに、一般的に「Amazon.co.jpが販売、発送します。」と表示されている場合に、
特定商取引法に基づく表示として販売業者と明示されているのは、
これも米国シアトルに所在するAmazon.com Int'l Sales, Inc.です。

アマゾンジャパンのサイトという表現で良いのでしょうか?

喫茶店の受難

喫茶店など10万店にコーヒー豆を納入するUCC上島珈琲株式会社が、原料の生豆の価格上昇と円安の影響で業務用コーヒーの値上げ交渉に入ると報じられています。

一方、株式会社セブン-イレブン・ジャパンは、店頭で提供しているコーヒーについて、価格を据え置いたまま、工程を見直すことによって、10月下旬から、よりおいしいコーヒーを提供することにしたと発表しました。しかも、日経新聞の報道によれば、「焙煎豆を小売店に供給するコーヒー各社は『とくにコンビニは価格の要求が厳しく値上げは難しい』と口をそろえ」ているそうです。

コンビニコーヒーの主たる競合相手は喫茶店ではないのかもしれません。しかし、本年5月末の時点において、すでにセブン-イレブンの約1万6600店において、1店舗1日あたり平均して約100杯を売っているそうです。年間6億590万杯、一杯100円としても年間売上600億円以上と株式会社ドトールコーヒーの売上高663億円に匹敵する規模ですから、喫茶店も影響を受けざるを得ないことになると思います。

「朝四暮三」は効く?

牛丼を値上げして客単価を前年比で7.7%上げた「吉野家」の6月既存店売上高は前年比で2.8%減、牛丼を値下げする一方でサイドメニューを値上げして客単価を前年比で4.4%上げた「すき屋」の6月既存店売上高の前年比は4.3%増となったそうです。

「吉野家」は客単価を上げすぎたのでしょうか、それとも「朝三暮四」と「朝四暮三」は違うということに目を付けた「すき屋」の価格政策が巧みだったのでしょうか。
フリーエリア
プロフィール

大久保宏昭

Author:大久保宏昭
本ブログをご覧いただき、ありがとうございました。

リンク
カウンター
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。