スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フランチェスコ・グァラ「科学哲学から見た実験経済学」

実験経済学の基礎的問題について、科学哲学における議論を用いて
考察した本ですね。

①どんな仮説も経験的証拠によっては論理的に反証されえない
という問題(デュエム=クワイン問題)
②実験室における実験によって確証された仮説を外部世界に
一般化できるかどうかという問題(外部的妥当性の問題)

主としてこの二つの問題が検討されていますが、特に後者は、
自然科学の分野ではあまり意識されていない問題なので、
目新しい議論となっていると思います。

科学哲学から見た実験経済学科学哲学から見た実験経済学
(2013/05)
フランチェスコ グァラ

商品詳細を見る
スポンサーサイト
フリーエリア
プロフィール

大久保宏昭

Author:大久保宏昭
本ブログをご覧いただき、ありがとうございました。

リンク
カウンター
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。