フォーリン・アフェアーズ・リポート2012年5月号

学生時代、苦労して英文を読んだ記憶があるFOREIGN AFFAIRSの
日本語版を読んでみました。
「ベビー・ギャップ―出生率を向上させる方法はあるのか」
「風力・ソーラーエネルギーのポテンシャルを引き出すには
―悪い補助金からスマートな促進策への転換を」
「ヨーロッパ経済の危機再燃は避けられない―世界経済アップデート」
といった記事のタイトルに惹かれたからです。

この雑誌、特段外国人向けに書かれているわけではなく、
あくまでアメリカ国内向けの雑誌だったはずです。
なのに、この記事のラインナップって、日本人の関心と重なりますね。
いまさらですが、これがグローバル化したということなのでしょうか。


フォーリン・アフェアーズ・リポート2012年5月10日発売号
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

フリーエリア
プロフィール

大久保宏昭

Author:大久保宏昭
本ブログをご覧いただき、ありがとうございました。

リンク
カウンター
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR