社外取締役義務化の是非

日本経済新聞の「経済教室」において、宮島英昭教授が、
社外取締役義務化の是非を論じています。
結論はともかく、興味深いのは、社外取締役の導入効果に
関する調査結果です。

研究開発(R&D)比率が高い、無形資産の役割が大きいなど
特殊な知識の重要性が高く、外部者による情報獲得の困難な企業群では、
高い社外取締役比率は、総資産利益率(ROA)を向上させる効果がないか、
場合によっては負の効果を持つ。
それに対して、外部者による情報獲得が容易な企業群では、
高い社外取締役比率はROAを向上させる効果を明確に
確認できるとされています。

百の抽象的意見より、一の実証研究結果の方が説得力を持つ場面ですね。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

フリーエリア
プロフィール

大久保宏昭

Author:大久保宏昭
本ブログをご覧いただき、ありがとうございました。

リンク
カウンター
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR