スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

H2Aロケット

JAXAが、H2Aロケットの2段目のエンジンを改良することによって、
同ロケットの打ち上げ能力を2倍にすることを目指しているとの
報道に接しました。
2段目のエンジンを長く使うことによって、打ち上げられる
衛星の重さが現在の2.2トンから4.6トンになり、
さらに、衛星の寿命も3年程度伸びる計画となっているようです。
驚くのが、改良に必要な開発費が約90億円とされ、2013年度には
実用化される予定となっていること。
その程度の費用及び期間で改良できるのであれば、何故今までは
改良しなかったのかという疑問がわいてきます。
従来は打ち上げの安定性・確実性を最優先して設計していたが、
実績を積むことができたので、打ち上げ性能を向上させることに
したということでしょうか。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

フリーエリア
プロフィール

大久保宏昭

Author:大久保宏昭
本ブログをご覧いただき、ありがとうございました。

リンク
カウンター
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。