労働条件通知書の最新モデル

労働基準法施行規則が平成24年10月26日に改正されました。
平成25年4月1日からの施行となります。

この改正により、期間の定めのある労働契約であって、
当該労働契約の期間の満了後に当該労働契約を更新する場合が
あるものを締結する場合には、期間の定めのある労働契約を
更新する場合の基準に関する事項を書面の交付により
明示しなければならなくなります。

具体的には更新する場合があるか否かについては、次のような文言を
書面に記載することになり、

a 自動的に更新する
b 更新する場合があり得る
c 契約の更新はしない

更新する場合の基準に関しては、次のような文言を書面に記載することに
なります。

a 契約期間満了時の業務量により判断する
b 労働者の勤務成績、態度により判断する
c 労働者の能力により判断する
d 会社の経営状況により判断する
e 従事している業務の進捗状況により判断する

厚生労働省がモデル労働条件通知書を公表しておりますので、
これを参考にすると良いと思います。

http://www.mhlw.go.jp/seisakunitsuite/bunya/koyou_roudou/roudoukijun/keiyaku/meiji/dl/h241026-2-betten.pdf
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

フリーエリア
プロフィール

大久保宏昭

Author:大久保宏昭
本ブログをご覧いただき、ありがとうございました。

リンク
カウンター
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR