集合知

10月31日の経済教室で、西垣通教授が、集合知について
興味深いことを書いています。

私も以前読んだことのある「「みんなの意見」は案外正しい」で
紹介されている通り、専門家の意見よりも、素人の多数意見の方が
正しいことがしばしばあります。
たとえば、「クイズ・ミリオネア」の例では、専門家に聞くよりも、
視聴者代表集団のアンケート結果を参考にした方が正答する確率が
高いと言われています。

西垣教授がその理由を説明してくれています。
以下、引用します。


「いまスタジオに100人の視聴者代表がいて、①4択問題の正解を
知っている者が10人②2つの選択肢に絞り込める者が25人③3つの
選択肢に絞り込める者が25人④全然見当がつかない者が40人の4グループに
分けられるとしよう。このとき、アンケートをとると、正解を選ぶ者は
平均で約41人と計算できる。一方誤った3選択肢については、
選ぶものはいずれも平均で20人弱にすぎないので、集団平均としては
ほぼ間違いなく正解が選ばれる。つまり正解が分かる者はたった1割、
全然分からない者が4割に及ぶ素人集団でも、「集合知」としては
見事に正解を答えてしまうのだ。
これはいわゆるランダム選択の仮定に基づいている。例えば、2つの
選択肢に絞り込んだ者25人の正答率は50%であり、平均として
12.5人が正解を選ぶことになる。」

西垣教授の主張の主眼は、このような集合知にもさまざまな限界があるため、
ネット集合知と直接民主主義を短絡させるべきではなく、ネット集合知を
有効なものにしていくために、精密が議論が必要とされているということにあります。

しかし、情報学の素人としては、まずは集団が見せる上記のような能力が
どのように発現するのかに興味がわきました。

「みんなの意見」は案外正しい (角川文庫)「みんなの意見」は案外正しい (角川文庫)
(2009/11/25)
ジェームズ・スロウィッキー

商品詳細を見る
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

フリーエリア
プロフィール

大久保宏昭

Author:大久保宏昭
本ブログをご覧いただき、ありがとうございました。

リンク
カウンター
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR