スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

橋爪大三郎他「おどろきの中国」

三人の社会学者が中国社会をテーマに鼎談した内容を書いた本です。

毛沢東の失政によって数千万人が死んでいるのに
なぜ毛沢東はいまだに否定されていないのか。
中国社会は今すぐに崩壊してもおかしくない状況に見えるのに、
なぜあれだけ強固なのか。
そういった素朴で、かつ、根本的な問いを投げかけ、
その問いに答えようとしている面白い本です。


おどろきの中国 (講談社現代新書)おどろきの中国 (講談社現代新書)
(2013/02/15)
橋爪大三郎、大澤真幸 他

商品詳細を見る

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

フリーエリア
プロフィール

大久保宏昭

Author:大久保宏昭
本ブログをご覧いただき、ありがとうございました。

リンク
カウンター
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。