スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ネット上の匿名性

復興庁の幹部職員が、twitterにおいて暴言を吐いていたとして、
被災者支援の担当を外されたと報道されています。

実名ではなくペンネームを用いて投稿していたようですが、自分の足跡を
日常的に残すような投稿をしておいて、身元がバレないと思っていた
(そう思ってなければ、あそこまで書けませんよね?)ことに驚きました。

誰でも情報を閲覧することができ、記録がいつまでも残り、情報を統合することが
容易なネット社会では、真の意味での匿名性を確保することはかなり難しいことです。
ペンネームを用いる場合であっても、実名を用いた場合と同様の心構えをもって
投稿しないと、こういうことになるという教訓になる事例ですね。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

フリーエリア
プロフィール

大久保宏昭

Author:大久保宏昭
本ブログをご覧いただき、ありがとうございました。

リンク
カウンター
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。