DNA鑑定を用いて嫡出推定を排除できるか

母の婚姻中に懐胎された子については、母の夫が父と推定されます(民法772条1項)。
この推定によって成立した法的父子関係を否定するには、嫡出否認(同法774条以下)
によらなければならないのが原則です。
ただ、嫡出否認には厳しい制約があります。
たとえば、嫡出否認は訴えによってなされなければならないのですが、この訴えは
父と推定される夫のみが提起できます(同法774条。ただし、人訴41条1項の例外あり)。

そこで、嫡出否認の制度が利用できないケースを救済するために、文言上は民法772条が
適用されるはずの子について、同条の推定を受けない嫡出子(「推定の及ばない子」)
という類型が判例上認められています。

ただ、どのような子が「推定の及ばない子」に当たるのかについては、
いくつか説が存在します。
夫が外国にいた、刑務所にいたといった、外観上、夫による懐胎が
不可能であることが明らかな場合のみ「推定のおよばない子」となるとする説は、
外観説と呼ばれていますが、これが判例・通説であると言われています。
また、DNA鑑定等の科学的な方法によって、血縁上の親子関係がないことが明確な場合に
772条を適用しないとする血縁説もあり、これは有力な反対説のうちの一つです。

ところで、新聞報道によれば、妻側が、DNA鑑定に基づいて、夫と子との間に
親子関係がないことの確認を求めていたケースについて、最高裁において弁論が
開かれることになりました。
妻側が親子関係がないことの確認を求めるという嫡出否認の制度が利用できないケースについて、
地裁、高裁は血縁説に基づいて妻側の請求を認めてきたのが、最高裁は従来の判例の立場から
その判断を見直す方向で動いているということなのだと思われます。


(嫡出の推定)
第七百七十二条  妻が婚姻中に懐胎した子は、夫の子と推定する。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

フリーエリア
プロフィール

大久保宏昭

Author:大久保宏昭
本ブログをご覧いただき、ありがとうございました。

リンク
カウンター
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR