スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

精神病診断マニュアルの限界

精神病(専門的には精神障害)の診断マニュアルとして著名な
「精神障害の診断・統計マニュアル」(DSM)ですが、私のような門外漢には
極めて権威のあるものに見えていました。

ところが、現代思想5月号の特集「精神医療のリアル」―DSM-5時代の精神の<病>を
読むと限界のあるものであり、鵜呑みにしてはいけないもののようです。
以下、特集記事の一部を引用します。


「(何人かのイギリスの精神科臨床医)が言うところによれば、精神医学における
診断マニュアルはたんなる暫定的な領土地図、つまり、精神科医が実践において扱う
諸問題の見取り図にすぎない。
DSMのようなマニュアルは、飛行機の中であれば臨床医は〔それを〕読む気になるかも
しれないが、地上にいるとき、すなわち診療所においては、脇において置くのがふさわしい
暫定的な指針といったものである。実際にイギリスでは、多くの実践的な臨床医は
DSMによる分類を仕事において使用しない。彼らはDSMのチェックリストを用いて
個々の診断を行うこともしないし、自身の診断が絶対的であるとも考えない。」
(ニコラス・ローズ著・篠塚友香子+米田翼訳「何のための診断か」、現代思想2014年5月号
174ページ)

「(米国NIMH(National Intstitute of Mental Health)所長のトーマス・インゼル)は、
NIMHの管轄で行われる精神医学の研究においてはDSM-5を使用しない方針を決め、さらに最近では、
神経生物学的なメカニズムを解明することを目標としない臨床研究に対して研究資金の
提供を行わないことを決めたようである。」(松本卓也「DSMは何を排除したのか?ラカン派
精神分析と科学」、現代思想2014年5月号95~96ページ)


現代思想 2014年5月号 特集=精神医療のリアル DSM-5時代の精神の<病>現代思想 2014年5月号 特集=精神医療のリアル DSM-5時代の精神の<病>
(2014/04/28)
斎藤環、信田さよ子 他

商品詳細を見る
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

フリーエリア
プロフィール

大久保宏昭

Author:大久保宏昭
本ブログをご覧いただき、ありがとうございました。

リンク
カウンター
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。