他山の石

議論を呼んでいた、派遣労働者の受け入れ期間の上限をなくす
労働者派遣法改正案が、廃案となったそうです。

「1年以下の懲役」とすべきところを「1年以上の懲役」としてしまっていた
誤記が、提出されていた法案に見つかり、野党が反発して、
審議ができなかったための廃案だそうです

法律案は、普通の作文と違い、「読み合わせ」という複数人による
特殊なチェック作業を経て完成されるのですが、それでもこういう単純ミスは
避けられないということなのでしょう。

神は細部に宿る-法案作成の裏方より
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

フリーエリア
プロフィール

大久保宏昭

Author:大久保宏昭
本ブログをご覧いただき、ありがとうございました。

リンク
カウンター
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR