プロ向けファンド規制強化案の動向

金融庁が、いわゆるプロ向けファンドに対する規制につき、下記改正を行う旨平成26年5月14日に公表し、意見を募集していました。しかし、施行予定日が過ぎても当該改正は施行されませんでした。
その顛末について、2014年9月8日付日本経済新聞14版15頁が報じていますので、以下その一部を引用します。

「独立系VCの関係者らは、ベンチャー投資の促進やリスクマネーの供給増大という政策に逆行すると主張し、規制改革会議や政治家へのロビー活動を展開した。結局、金融庁は規制強化案の8月実施を見送った。」

これで終わりではないと思いますが、第1ラウンドは終了したということのようです。


                          記
1.改正の概要
適格機関投資家等特例業務を行う者が、ファンドの販売等を行うことができる投資家の範囲を、現行の適格機関投資家及び適格機関投資家以外の者から適格機関投資家及び金融商品取引業者等(法人のみ)、ファンドの運用者、ファンドの運用者の役員・使用人・親会社、上場会社、資本金が5千万円を超える株式会社、外国法人、投資性金融資産を1億円以上保有かつ証券口座開設後1年経過した個人等にする改正を行います。

2.施行期日等(予定)
平成26年8月1日
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

フリーエリア
プロフィール

大久保宏昭

Author:大久保宏昭
本ブログをご覧いただき、ありがとうございました。

リンク
カウンター
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR