スーパーコンピューターで抗がん剤開発

数日前のニュースになりますが、中外製薬等が、スーパーコンピューター
「京」を使った抗がん剤開発を始めるそうです。
がん細胞が出すたんぱく質と候補物質の結合を模擬実験して、
結びつきやすい物質を探すことにスーパーコンピューターを
使用するようです。
現在ではたんぱく質の立体構造が判明してきているので、
このようなことも可能になってきたのでしょう。

余談ですが、たんぱく質構造百科事典を見るとここまで
たんぱく質についても分かってきたのかと驚きます。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

フリーエリア
プロフィール

大久保宏昭

Author:大久保宏昭
本ブログをご覧いただき、ありがとうございました。

リンク
カウンター
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR