スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ピケティ「21世紀の資本」

話題の本をさっそく買って読んでみました。

「不平等」に関して革命的な知見を与えてくれる本でした。

ノーベル経済学賞受賞者であるクズネッツが1955年に発表した論文では、成長と競争、技術進歩のおかげで階級間の格差は縮まるとされていました。
この結論は、1913年から1948年の間の経済データを用いて得られたものでした。

ところが、ピケティが分析対象を20か国、3世紀に渡るデータに広げてみると、得られた結論はほとんど180度反対のものだったのです。
ピケティらが10年かけて収集した膨大な経済データから得られた結論は次のとおりのものです。

r>g
r:資本に対する収益の年平均値
g:経済成長率

この不等式が成り立つ時、資本主義は、民主主義社会がその基盤を置く業績主義的価値観を根元から掘り崩すような、恣意的で擁護しえない不平等を自動的に生み出すとピケティは言います。
成長率の低い経済では、過去において蓄積された富が現在の労働から得られる所得よりも急速に増大し、富裕層は労せずしてより豊かになる一方で、資産を有しない階級はいくら働いても富を獲得することができないことになるからです。

そして、ショッキングなことに、近代史の大半においては、rは4パーセントから5パーセント程度、gは1パーセントから2パーセントとなっており、まさに上記不等式が成立していると言うのです。

http://piketty.pse.ens.fr/files/capital21c/en/pdf/F10.9.pdf
出典:http://piketty.pse.ens.fr/files/capital21c/en/pdf/F10.9.pdf

本著作が各国においてベストセラーになったことにより、再び「不平等」が言論界のメインストリームに戻ってくるでしょうし、「不平等」に関わる言説は、この本の内容を肯定するにしろ否定するにしろ、その存在を前提としたものとならざるを得ないでしょう。

21世紀の資本21世紀の資本
(2014/12/09)
トマ・ピケティ

商品詳細を見る


現代思想 2015年1月臨時増刊号◎ピケティ 『21世紀の資本』を読む -格差と貧困の新理論-現代思想 2015年1月臨時増刊号◎ピケティ 『21世紀の資本』を読む -格差と貧困の新理論-
(2014/12/12)
トマ・ピケティ、ポール・クルーグマン 他

商品詳細を見る
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

フリーエリア
プロフィール

大久保宏昭

Author:大久保宏昭
本ブログをご覧いただき、ありがとうございました。

リンク
カウンター
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。