大塚家具の「お家騒動」

2014年7月に大塚久美子社長が解職され、父親であり創業者でもある大塚勝久氏が社長に復帰したと思いきや、半年後には久美子氏が社長に復帰するという「お家騒動」が株式会社大塚家具で起きました。

背景に親子間での営業方針を巡る対立があり、社長に復帰した勝久氏が接客方法を旧来のものに戻したところ、営業成績が下がってしまったので、その責任を勝久氏がとったかたちと報じられています。
しかし、一旦復帰した創業者がたった半年で社長を辞職するというのは異例なことです。

通常でないことが起きた背景を公表されている有価証券報告書、大量保有報告書等から探ってみると次のことが分かりました。

① 勝久氏は同社の発行済み株式の18.04%しか保有していません。
② 久美子氏がコントロールしていると言われている株式会社ききょう企画が発行済み株式の9.75%を保有し、外資投資ファンド「ブランデス・インベストメント・パートナーズ・エル・ピー」が10.29%を保有しています。
③ 同社の取締役は8人いますが、うち3名は社外取締役であり、その3名のうち2名は久美子氏が社長であった時期に同社の取締役にはじめて就任しています。

業績悪化を盾に久美子氏が勝久氏と徹底的に戦った場合、上記株主構成及び取締役会構成からして容易には決着が付かないことになったと思われます。
闘争が長引けば、大塚家具の企業価値そのものが毀損されることになってしまったでしょう。
そこで、勝久氏が身を引くことになったのだと思われます。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

フリーエリア
プロフィール

大久保宏昭

Author:大久保宏昭
本ブログをご覧いただき、ありがとうございました。

リンク
カウンター
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR