スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

IGZO商標無効審決取消訴訟判決

下記登録商標(「本件商標」)の登録を無効とした特許庁の審決を取り消すことをシャープ株式会社(「シャープ」)が求めた訴訟につき、知財高裁が同社の請求を棄却する判決(「本件判決」)を平成27年2月25日に言い渡しました。
                             記
商標 IGZO(標準文字)
登録番号 商標第5451821号
指定商品 電気通信機械器具、電子応用機械器具及びその部品、電池、配電用又は制御用の機械器具

本件商標はシャープが平成23年6月24日に登録出願をし、同年11月18日に設定登録を受けたものなのですが、知財高裁はその判断において、次の事実を認定しています。

① 東京工業大学の細野秀雄教授が、平成7年の国際会議において、「In(インジウム)、Ga(ガリウム)、Zn(亜鉛)及びO(酸素)の複合物からなる酸化物」(「本件酸化物」)を指す語として「IGZO」の語を紹介したこと
② 平成23年10月25日までに特許庁に出願された1027件の特許に係る特許請求の範囲又は明細書の記載中において、「IGZO」の語が用いられていること

そして、それらの事実を前提として、本件商標は指定商品との関係で自他識別力を有するということはできないし、特定人による独占使用を認めることが公益上適当であるとも言えないとして、特許庁の審決の判断は相当であるとしています。


ところで、この紛争は、多くのメーカーが本件酸化物に関する研究開発をしていたのに、シャープがIGZOという商標を独占することは許せないとして、本件酸化物に関する特許権を有する独立行政法人科学技術振興機構が無効審判請求をしたことによって始まりました。
この判決により、一見シャープが極めて不利な状況に陥ったようにも見えます。
しかし、無効審決が確定したとしても、シャープは本件商標を引き続き使用することができます。独占的に使用することができなくなるだけです。(言い換えると、他社に独占される可能性は潰せたわけです。)
しかも、本件判決において、わざわざ「本件では、原告から、法3条2項該当性(いわゆる使用による特別顕著性)の主張はされていない。」と言及されているとおり、将来において、使用により出所識別力を有するに至ったとして、登録が認められる可能性すら存在します。
ですから、シャープ自身は大したダメージは受けていないと考えているかもしれません。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

フリーエリア
プロフィール

大久保宏昭

Author:大久保宏昭
本ブログをご覧いただき、ありがとうございました。

リンク
カウンター
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。