スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

戦時中の中国人強制連行問題に関する和解成立について

中国における訴訟において、三菱マテリアルが元労働者側に対して和解案を示し、すでに中国の三つの被害者団体が同提案を受け入れる考えを示したそうです。

中国人強制連行問題に対する日本政府の見解は、72年の日中共同声明に基づき、国家間だけでなく、個人の賠償請求権も放棄されているとのものです。また、日本の最高裁も個人の賠償請求を認めないとの判断をすでに示しています。
それにもかかわらず、和解して解決金を支払ったという前例が生まれると、中国において他の企業に対する訴えが提起されたり、韓国においても訴えが提起されたりするのではないかと日本政府は憂慮していると報じられています。

ところで、本件はそれ以外にも興味深い問題を提起してくれているように思います。

例えば、少なくとも日本においては法的義務はないと判断された紛争について、和解金を支払う決定をした取締役に対して株主が代表訴訟を提起したらどうなるのでしょうか。
また、日本政府の行為に起因して、法的義務なき金銭的支出を事実上強制されたとして、三菱マテリアルが日本政府を訴えたらどうなるのでしょうか。
荒唐無稽な疑問で結論は分かり切っているようにも思えますが、深く考えてみるとなかなか面白い問題です。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

フリーエリア
プロフィール

大久保宏昭

Author:大久保宏昭
本ブログをご覧いただき、ありがとうございました。

リンク
カウンター
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。