「なぜ、トヨタは700万円で『ミライ』を売ることができたか?」

革新的技術と喧伝されていたクリーンディーゼルの化けの皮がはがされたと騒ぎになっています。

それとの対比で、何十年も先の未来の技術と思われていた燃料電池車の開発に
トヨタが成功したのはなぜなのかという疑問を抱いていたところ、書店で
この本のタイトルが目に入り、読んでみました。

一言で言うと、スーパーコンピューターが可能にしたナノレベルの
テクノロジーによって大幅なコストダウンが可能になったということのようです。



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

フリーエリア
プロフィール

大久保宏昭

Author:大久保宏昭
本ブログをご覧いただき、ありがとうございました。

リンク
カウンター
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR