「ギリシア デフォルト宣言 ユーロ圏の危機と緊縮財政」

ギリシア問題には若干関心があったので、「ギリシアを破綻に追い込んだのは誰か。」という帯の惹句に釣られて、読んでみました。

ヨーロッパの経済危機は、①ドイツの賃金抑制政策と②EU、欧州中央銀行及びIMFが主導するEU加盟国の緊縮財政がもたらしたものだと主張する本でした。

②はスティグリッツ等の一部の経済学者が従前から主張している内容と同じだと思いますが、①はどうでしょう。共通通貨を用いて、一つの経済圏にしてしまえば当然に起きる賃金の平準化にすぎない気がするのですが。。。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

フリーエリア
プロフィール

大久保宏昭

Author:大久保宏昭
本ブログをご覧いただき、ありがとうございました。

リンク
カウンター
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR