スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

著作権法改正案

文化庁の作業部会が、著作権の「間接侵害」の差し止め対象を
明確にする改正案をまとめた、との記事を今朝の日本経済新聞で
見かけました。
文化庁が検討している案は、間接侵害も差止請求の対象とすると
明記したうえで、その範囲を限定するものだそうです。
書籍電子化の代行(いわゆる「自炊代行」)の是非について
若干興味があり、その点はどう考えられているのかと思い、
確認してみました。
その改正案というのは、多分、これのことですね。

この案について、自炊代行が合法化されることになった
と評価している書き込みをネットで見かけました。
しかし、それは少し早すぎる判断だと思います。
このまま著作権法が改正されても、代行の具体的態様によっては、
直接侵害とされて、差止請求の対象となり得ると思います。
また、そもそもこの案は、差し止め請求権の対象を明確化する
ものでしかありません。
損害賠償請求がどうなるかまでは、わからないということです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

フリーエリア
プロフィール

大久保宏昭

Author:大久保宏昭
本ブログをご覧いただき、ありがとうございました。

リンク
カウンター
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。