エルピーダメモリはなぜ倒産したか

今朝の日本経済新聞でかなり状況が見えてきました。
次のような構図になっていたようです。

主力取引銀行:日本政策投資銀行が支援を継続するなら借り換えに応じる。
日本政策投資銀行:マイクロンと資本・業務提携できなければ3月末以降は支援しない。

結局、借り換えが実現できるか否かは、マイクロンと提携できるか否かにかかっていたわけです。

ここから先は想像になります。
こういう場面におけるスポンサー候補の立場ですが、実は、
さっさと倒産してくれた方が安く買えるのになと考えていたりします。
上記事情をある程度把握していたマイクロンは現時点で
エルピーダと資本提携する場合と提携を拒絶して倒産後に
エルピーダを買収する場合とを比較していたはずです。
そして、倒産すれば他にもスポンサー候補が出てくる可能性は
あるが、それでも後者の方が有利と考えて提携を一旦拒絶したのだと
思われます。
あくまで、私の想像にすぎませんけどね。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

フリーエリア
プロフィール

大久保宏昭

Author:大久保宏昭
本ブログをご覧いただき、ありがとうございました。

リンク
カウンター
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR