ライブドアが有価証券報告書にウソを書いた、その結末

ライブドアが有価証券報告書に虚偽記載をしていたことを理由として、
投資家が、金商法21条の2に基づき、損害賠償を請求していた事件について、
昨日、最高裁判決(「ライブドア判決」)が言い渡されました。
「旧ライブドア粉飾、98億円余の賠償確定 最高裁判決」(朝日新聞)などと
報道されていますので、ご存知の方も多いと思います。
この判決の全文が裁判所のウェブサイトで公開されています。
ざっと読んだだけですので、間違いがあるかもしれませんが、
この判決についてすこし書いてみます。
ただ、かなり細かい話なので、金商法21条の2の解釈について、ご興味のない方は
読まない方が良いかもしれません。



注目されていたのは、次の2点です。

①検察官が記者を通じて、ライブドアに有価証券報告書の
虚偽記載の容疑がある旨の情報を一般公衆に開示したことが、
金商法21条の2第2項にいう「虚偽記載等の事実の公表」に当たるか。

②強制捜査、代表取締役解任、上場廃止に向けた動き、
マスコミの報道等の事情による株価の下落は、損害から
控除されるべきか。

上記①については、当たるということで、あっさりと決着がつきました。

上記②の点については、控除されるべきではないと判断されました。
ただし、この多数意見に反対する岡部裁判官の意見がつき、その反対意見に
反論する補足意見もつきました。
何が議論されたかは、西武鉄道事件最判平23・9・13(「西武鉄道判決」)と
合わせて読むことによって理解することができます。



西武鉄道判決は、民法709条の不法行為に基づく損害賠償請求事件に
関する判決です。
有価証券報告書の虚偽記載については、不法行為に基づく損害賠償請求も可能と
考えられていますが、その場合の損害に関しては、通説たる差額説をとった上で、
なおいくつかの考え方がありえるとされています。

①取得価格マイナス売却価格を損害とみる考え方(取得自体損害説)
②虚偽記載がなかったならばそうなったであろうという想定価格と、
取得価格との差額を損害額とする考え方(高値取得損害説)
③公表後に下落した額を損害額とする考え方(公表後下落額損害説)

西武鉄道判決は、①を採用した上で、次のように述べています。

「虚偽記載が公表された後の市場価額の変動のうち、いわゆる狼狽売りが
集中することによる過剰な下落は、有価証券報告書等に虚偽の記載がされ、
それが判明することによって通常生ずることが予想される事態であって、
これを当該虚偽記載とは無関係な要因であるということはできず、
当該虚偽記載と相当因果関係のない損害として上記差額から控除することは
できないというべきである。」



ところで、今回のライブドア判決は、金商法21条の2を民法709条の
特則とした上で、同条2項の「損害」は虚偽記載等と相当因果関係のある
損害すべてを含み、同条5項の控除対象とはならないと判断しました。
そして、具体的には、強制捜査、代表取締役解任、上場廃止に向けた動き、
マスコミの報道等の事情による株価の下落を損害額から控除することは
許されないと判断したのです。
上記西武鉄道判決と平仄を合わせた判断と言えるでしょう。

この判断に対して、岡部裁判官は反対意見を述べています。
その要点は次のとおりです。

・民法709条に基づく不法行為に関しては、高値取得損害説を原則と考えるべきである。
西武鉄道判決の場合は、虚偽記載がなければ上場廃止になっていた特別な事案であったために
取得自体損害説を採用したにすぎない。
・マスコミ報道等による株価下落は、全株主が被る損害であって、賠償対象とはならないと
考えるべきである。
・金商法21条の2もまた高値取得損害説を前提とした規定である。
・よって、会社の信用毀損による株主の間接損害は、同条5項によって控除されなければならない。

この岡部裁判官の反対意見に対して、田原裁判官と寺田裁判官が補足意見の形で
反論しています。
田原裁判官の反論の要点は次のとおりです。

・一般に、虚偽記載等の後、その公表前に流通市場で発行会社の株式を取得した者は、
虚偽記載等がなければその株式を取得することはなかったものと推認される。
よって、取得自体損害説を原則と考えるべきである。
・株価下落によって被る損害は、取得それ自体によってもたらされる損害である。
・虚偽記載以前からの株主と虚偽記載後に株式を取得した株主を同列に論じるべきではない。
・金商法21条の2が高値取得損害説を前提としていると考えるべき根拠はない。
・同条2項の「損害」には虚偽記載等と因果関係のある損害全てが含まれ、
これを同条5項によって控除すべき根拠はない。

寺田裁判官の反論内容は省略します。


オリンパス事件もありますし、今、金商法21条の2が熱いですね。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

フリーエリア
プロフィール

大久保宏昭

Author:大久保宏昭
本ブログをご覧いただき、ありがとうございました。

リンク
カウンター
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR