スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東芝、エルピーダの第2次入札に参加せず

エルピーダメモリのスポンサー企業を選ぶ第2次入札に
東芝は参加しないことになったと報道されています。
東芝は、単独企業としては、すでに第1次入札で
スポンサー候補から外れていました。
しかし、東芝としては、エルピーダメモリの台湾子会社だけは
欲しいということで、ハイニックスとの連携の道を探っていると
報道されていました。
その連携がうまくいかず、ハイニックスは単独で入札することに
なったようです。

しかし、東芝が外れたという、この報道、意外性がまったくないですね。
だって、台湾子会社は欲しい、広島工場はいらないというのは、
東芝の都合でしかありません。
ハイニックス側に台湾子会社はいらない、または単独でスポンサーに
なるほどの資金がないといった事情がない限り、ハイニックスには
東芝と組むべき理由が、そもそもなかったわけです。
ハイニックスとの連携の道を探っているという報道を見た当初から、
ハイニックス側に何のメリットがあるのだろうと疑問に思っていました。

一連の報道を見ていると、最終的に外資に売らざるを得ないことが
目に見えていたが、外資に売却することに対する批判を免れるために、
誰かが東芝に入札に参加することを頼んだのではないかとすら思えてきます。
それくらい1次入札における東芝の入札額は低かったですし、
ハイニックスと組むという話も実現性が最初からなかったように思えるからです。
まあ、部外者の勝手な想像にすぎませんけどね。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

フリーエリア
プロフィール

大久保宏昭

Author:大久保宏昭
本ブログをご覧いただき、ありがとうございました。

リンク
カウンター
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。