スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

燃料電池車(FCV)普及のボトルネック

トヨタ自動車が、2014年度中に燃料電池車の販売を開始すると発表しました。



今回発売される車両の価格は税抜きで700万円程度というテスラモーターズのプレミアム電気自動車(EV)並みの価格ですが、トヨタ自動車は、2025年頃までには、燃料電池車の価格をハイブリッド車並みにしたいと考えているようです。



ただ、車両価格が下落しても、水素を供給するためのインフラが整備されなければ、普及は見込めません。また、コストも問題です。ガソリンスタンドの通常の建設費が7~8000万円であるのに対し、水素ステーションの建設費は現状5億円程度と言われています。水素製造コスト、水素輸送コストもまだまだ高く、当分の間、水素供給コストはガソリンのそれと比較してかなり高いままになりそうです。

chromecast

ん?
ACアダプタ??

chromecast画像

グローバルホーク

三沢基地に配属されたと話題になっていますが、
機体自体はNASAでも使われている巨大ラジコン飛行機に
すぎないですね。

ブースト型核分裂爆弾

本日の日経新聞朝刊(14版)26頁に北朝鮮がブースト型核分裂爆弾の
開発を進めているかもしれないとの記事が掲載されていました。
ブースト型核分裂爆弾の説明及び模式図も記載されていましたが、
簡単な説明すぎて理解できませんでした。
こういう時に便利なのがウィキペディア。


【ウィキペディア】
ブースト型核分裂兵器

神舟9号

技術的に新しいものは何もないと言われているようですが、
有人ロケットを飛ばすには、巨大なシステムを構築する
必要があります。
ですから、今回の打ち上げ成功によって、中国は、
巨大システム設計技術を獲得したことを世界に示したと
言えそうです。


フリーエリア
プロフィール

大久保宏昭

Author:大久保宏昭
本ブログをご覧いただき、ありがとうございました。

リンク
カウンター
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。